なぜ「おやきもち」を始めたのか?

おやきもちを始めたワケ

おやきもちの大西祐次郎と申します。

「信州の魅力を世界に広めたい」

と、私は常々思っています。

それはなぜか?

もちろん「この信州が大好きだから」

私が生まれたのは四国の徳島県です。

縁あって20年前に長野県松本市に移り住むことになりました。

初めてこの地に来た時の感動は今でも忘れません。

輝きそびえる山々。

美しい川、清涼な風。

歴史と近代さが融合する町並み。

ゆったりと流れる空気と時間。

大きすぎず、小さすぎず、人々の温かさと繋がりを適度に感じられる町。

信州に住むことになって本当に良かった、と心から思いました。

ここで人生を歩んでいくと決めた時から、この地を愛し、誇りに思い、この場所の魅力にずっと魅了され続ています。

自分が住んでる場所が好き。ここに住んでる自分も好き

自分が住んでいる素晴らしい場所のことを、少しでも多くの人に伝えたいー

私にとってそれは、とても自然な感覚です。

そしてそれが自分の仕事にできれば、こんなに幸せなことはありません。

そのような想いでこれまで、私はいろいろなことにチャレンジしてきました。

ブログやSNS、YouTubeで地域の情報を発信したり、

松本市の名産品「波田のスイカ」のブランディングに携わったり、

出張や転勤で来られる方が気軽に立ち寄れる、地元野菜と地酒の飲み屋をやったり、

地域の企業とタイアップしたイベントを開催したり…。

どれも私にとっては「信州の魅力を広めたい」との想いでやってまいりました。

そして次は

「おやきを救いたい!」

と、思っています。

「おやき」がピンチ…!

長野県の郷土食である「おやき」

初めて食べたのは、妻の実家に最初にお邪魔した時。

素朴な具材に噛み応えのある皮、

正直、その時はあまりおいしいとは感じませんでした

しかし、信州で暮らし始めると自然に「おやき」と接する機会が増えました。

おやきと一口に言ってもさまざまな種類があり、

昔ながらの灰焼きのものから蒸したもの、皮がふわふわのもの、カリカリのもの、地域によってさまざまな「おやき」があるというのもわかってきました。

これはまさに信州の魅力をぎゅっと凝縮したような食べ物だ、と徐々にその虜になっていったのです。

ところが、、

おやきが大好きになった私は手土産に持って行ったり、家族へのお土産に買って帰ったりしていました。

しかし、

「おやきねぇ~。。。いらない」

「おやき、嫌い…」

中高生の娘たちの正直な感想です。

そう。

今の若い人たちはおやきを食べない…。

かつての私がそうだったように、「おやき」に慣れ親しんでいない人からすると、

「別になくてもいいもの」

という感覚です。

実際、おやきを日常的に食べたり、人にあげたりすることが少なくなり、

業界の方の話では、おやき自体の消費量も年々減少していると聞きます。

信州の郷土食「おやき」の魅力を広めたい!

信州には蕎麦や味噌だけじゃない。

「おやき」という素晴らしい文化がある。

どうすれば「おやき」を若い世代に食べてもらえるだろうか?

文化は時代と共に変わるもの。

人々に趣味趣向の変化と共に「おやき」も変えていかなければいけない。

そんなことをずっと考え続けていました。

そうして思いついたのが、

「おやき」のような「おもち」

「おやきもち」

米粉を使ったもっちりな生地に、つぶあんのほか、リンゴバターやキーマカレーなど、今風な具材を詰め、自然素材で色付けしたカラフルな見た目。

これならば若い子も好きになる!

この「おやきもち」ならば「おやき」の新しい可能性を広げられるはず!

「信州の魅力を世界に広める」

信州というこの土地、歴史、人、食文化。

我々が暮らす場所の魅力を精一杯、余すことなく伝えていきたい。

それが私の会社の使命であり、

私の生き甲斐でもあります。

おすすめ記事

  1. おやきもちを始めたワケ なぜ「おやきもち」を始めたのか?

関連記事

  1. ついにアレが出ます…
  2. 【第6回 販売会結果報告】
  3. 【第3回 販売会 結果報告】
  4. おやきもち、ついに全国へ⁉
  5. 今週末はお休みです。。
  6. 撃沈。。出直します。。。
  7. もう、後戻りできないことに…
  8. 第11回販売会 結果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP